豆腐メンタル父ちゃん 育児 & 育海水魚ブログ

豆腐メンタル(ヘタレ)な父の育児&アクアリウム奮闘記!

父と息子が虫取りを全力で楽しむために必要な3つの重要アイテムをご紹介!

どーも、豆腐メンタルです。

緊急事態宣言も解除されましたが、依然として油断できない状況です。子供達の安全を確保しながら、元気に遊ばせるのも重要な勤め。

そこで、今回は我が家の息子と私が全力で楽しんでいる、虫取りをご紹介したいと思います。

 

虫取りに必要な道具

虫取りに必要なものは、そんなに多くありません。

虫取り網

虫かご

虫除けスプレー

帽子

網や虫かごは、100均でも簡単に手に入ります。しかし、虫取りを楽しむためには、もっと必要なものがあることをご存じでしょうか?

そもそも、「大事な休みを虫取りでつぶすなんて・・・」と考えているお父さんはいませんか?

私もはじめはそうでした。しかし、今では息子と共に前のめりで虫取りをしています。

虫取りが楽しくなる重要アイテム

虫取りを今よりもっと楽しむために必要な道具をご紹介させていただきます。

①大きな虫かご

虫取りをしていて一番困るのは、虫を逃がす前に死んでしまうことです。特に、蝶は羽がボロボロになってしまう・・・というわけで、これを回避するために、大きな虫かごを用意しましょう!

わがやで使用している虫かごはこちら!


f:id:tofumentalpapa:20200610084840j:image

100均で購入した、洗濯物のかごとネットです。これを組み合わせてむしかごにしていますが、蝶の羽がこすれてもボロボロにならず、広さも申し分ない!

たった200円なので、ぜひお試しあれ!

②カメラ

わが息子は、取った虫を家に持って帰りたがります。しかし、もって帰っても死んでしまうので、記念写真を撮って、逃がすことにしています。

この数か月でいろいろな虫をゲットしましたが、わたくしは虫の写真を取るのにはまっております。

コレクションの一部をご紹介!

・ナミアゲハ

私が人生で初めてGETしたアゲハチョウ!

息子に「よくやった!」と褒められました。
f:id:tofumentalpapa:20200609123328j:image

・ミヤマカラスアゲハ

目視ではもっときれいにみえました!
f:id:tofumentalpapa:20200609123345j:image

・アオスジアゲハ

鱗粉の構造色が美しいアゲハチョウです。

捕まえる前に、写真を撮らせてくれました。
f:id:tofumentalpapa:20200609123445j:image

・モンシロチョウ

どこにでもいる蝶ですが、交尾中の神秘的な写真が取れました。
f:id:tofumentalpapa:20200609123751j:image

 

・クビキリギリス

キリギリスは普通は緑ですが、突然変異の赤を発見!新聞で取り上げられるくらい珍しい個体のようです。
f:id:tofumentalpapa:20200609123636j:image

 ③おすすめスマホアプリ

最後はお勧めのスマホアプリです。皆さんは、スマホのゲームは好きですか?私は大好きです。

常々、ポケモンみたいにGETした虫を図鑑に登録して、息子と遊べそうなアプリを探していましたが、素敵なアプリを発見。


f:id:tofumentalpapa:20200610002842j:image

その名も「バイオーム」です。

このバイオーム、自分で撮った虫の写真を図鑑に登録できます。ポケモンはせいぜい数百種類ですが、本ゲームは昆虫だけで35,000種類を超える種を登録できます。

f:id:tofumentalpapa:20200610003214j:image
恐るべし、バイオーム!!

しかも、このアプリは人口知能(AI)を搭載しており、写真を登録するだけで、その種が何かを判定してくれます。

判定精度はあまり高くないですが、最新技術に触れるいい機会です。

また、自分でもわからない場合は、写真を「しつもん投稿」すると、知らない誰かが種類を教えてくれます。

また、クエストも用意されているので、獲物を求めて息子と公園にでかけて楽しむことができます。

図鑑登録、種類の特定、ゲーム性を兼ね備えた「バイオーム」。ぜひ、お勧めです。



そろそろ、夏も本番。カブトムシの季節がやってくる!今年の夏休みは、私がお勧めする3つの秘密道具を準備して、虫取りに出かけてみてはいかがでしょうか?

 

以上、豆腐がお送りしました。

※同カテゴリー(父と息子のいきものがかり)内の関連記事

〇前の記事

www.tofumentalpapa.com

〇次の記事

coming soon・・・