豆腐メンタル父ちゃんイクメンへの道

豆腐メンタル(ヘタレ)な父の育児奮闘記!

激闘!オタマジャクシを飼いたい息子 VS カエルが苦手な父

f:id:tofumentalpapa:20190713120630p:plain





どーも、豆腐メンタルです。

本日は、生き物大好きな我が家のお兄ちゃんと、オタマジャクシを探しに行ってきました。そこで、父 VS 息子のオタマジャクシを連れて帰る or 逃すかでバトルしたお話です。

 

今週末はどこに行く?

今週の土日もお休みということで、息子に質問です。

豆腐「今日はどこ行きたい?」

息子「オタマジャクシを見に行きたい!」

テレビでオタマジャクシを見たらしく、本物をみにいきたいとのこと。最近は、色々な生き物を探しに行くので、どこで何が見れるかを探すのも大変です。

ひとまず、池がある近所の公園へ向かいました!

Round1.オタマジャクシを探そう!

ひとまず池のある公園に到着です。

f:id:tofumentalpapa:20190713090651j:image

お兄ちゃんはまだ4歳なので、安全に遊べる湿地帯で捜索開始!おたまは側溝の水路にたくさんおりました!

f:id:tofumentalpapa:20190713090731j:image

Round2.オタマジャクシを捕獲しよう!

ちなみに、私はカエルが大の苦手で、オタマジャクシも苦手です。できることなら、探しにすら行きたくないのですが、息子のために我慢して捜索しております。

オタマジャクシを見た私の感想

「デカっ•••」

おそらく、ゴルフボールくらい大きいオタマジャクシが泳いでいました。恐怖で震える私に、息子はこう言い放ちます。

息子「お父さん!早くとって!」

うちの息子は生き物に興味はあるものの、初めて触る生き物は、安全を喫して私に捕獲させます。

 

おたまが苦手な私ですが、生き物を捕獲する上で、1つ心がけていることがあります。それは、

絶対に怖がらないということ。

以前、ゴキブリを発見した際に怯えながら撃退したところ、息子がゴキブリを怖がるようになりました。子供は親の背中を見て育つ。だから、息子の前では、やせ我慢で頑張ります。

豆腐「はい!取れたよ••••。

(でかっ、きもっ。あばばばば)

息子「おおーー、かわいいね」

息子くんは、父のやせ我慢のおかげで、順調に成長しております。

Round3. オタマジャクシを連れて帰ろう!

豆腐「よしっ、んじゃ帰ろう。」

息子「オタマジャクシ連れて帰りたい」

豆腐「えっ!?無理。」

息子「つれでがえりだイィィィーー(涙)」

最近わが子は、捕まえた生き物を育てるのに夢中。当然オタマジャクシも育てたいそう。しかし、カエルが苦手な私は大反対。

豆腐「水の中の生き物は育てるの難しいからやめよ!」

息子「お父さんもクマノミ飼ってるじゃん。」

豆腐「お父さんはお世話頑張ってるから。」

息子「僕も頑張れるもん。」

我が家では、現在カクレクマノミを飼育中です。

4歳にもなると、まともに交渉してくるもんだなと、感心してしまう今日この頃。

息子の熱意に負け、お家に連れて帰ることになりました。なんとか息子にお願いして、ゴルフボールサイズではなく、あずきサイズのものに変更していただきました。

Round4.オタマジャクシを育てよう

というわけで、苦手なおたまを飼育することになりました。ひとまずバケツに拾ってきた藻と石を入れて飼育中。

今のところこんな感じです。

f:id:tofumentalpapa:20190713114243j:image

もともと流れのない水路でたくましく行きていたので、バケツの中でたくましく生きています。えさも雑食だそうで、何でも食べる模様。現在は、池で拾ってきた藻を食べながら成長中。

あずきサイズが早くも枝豆サイズくらいになりました。せめて、かわいいアマガエルになったらいいな••••

最終Round. カエルになったら•••

豆腐「カエルになったら育てるの難しいから逃がそうね。」

息子「••••うん。」

「全く逃がすきはないけど、とりあえず今日のところはうんと言っておこう。」という、息子の心の声が聞こえてきます。

ウシガエルになったらどうしようと、怯えながらおたまを育成中です。

 

今日は、オタマジャクシを飼うまでの父と息子の戦いをまとめました。息子の成長につながるのであれば、生き物を飼わせてあげたいと思ってここまできましたが、カエルだけは早く流したいなと思う豆腐がお送りしました。

 

※同カテゴリー(育児)の関連記事

◎前の記事

◎次の記事