豆腐メンタル父ちゃんイクメンへの道

豆腐メンタル(ヘタレ)な父の育児奮闘記!

【転勤族でもマイホーム】転勤族でもマイホームがほしい理由

f:id:tofumentalpapa:20190913223202p:plain


どうも、豆腐メンタルです。

皆様、このたび念願のマイホームを購入することにあいなりました!実に、マイホーム購入を計画して、早2年が経過しておりました。長かった・・・

これから、35年間ローンを払い続けるかと思うと、どきどきはらはらしています。

何はともあれ、夢のマイホームを手にしたわけですが、ここまでの道のりは決して平坦ではありませんでした。そこで、この経験を当ブログではまとめていきたいと思います。

本シリーズの特徴は、転勤族で優柔不断、小心者で怠け者な夫代表の私(豆腐)が、どうやってマイホームを買うに至ったかを、夫視点でまとめていきます。「なんでうちの夫はマイホーム購入に非協力的なの!?」とぶち切れ寸前のそこの奥様、是非旦那様と本ブログを読んでみてください。

転勤族にマイホームは必要なのか?

転勤族の皆様、マイホームは必要だとお思いでしょうか?

2年前の私(以降、豆腐)は、妻に「マイホームがほしい。」と言われたときに、「まだ必要ないんでない?」と思っておりました。その理由は以下です。

・会社の住宅補助が手厚い

・いつ転勤するかわからない

・手元にお金があまりない

このような状況の中で、なかなか煮え切らない豆腐を見て、我が家の妻はおそらくストレスを感じていたと思います。我が家の妻は比較的やさしい(と錯覚するように教育されている?) のですが、マイホーム購入に関しては、幾度となく夫婦げんかに発展しそうになりました。

転勤族がマイホームをもつリスクとは?

妻には何度も話をしておりましたが、我が社は全国各地に工場を構え、突然転勤する可能性を秘めています。それを痛いほどわかっていた私は、マイホーム購入には否定的だったことを、ここで白状します。

Googleで「マイホーム 夫」と検索すると、「反対」とか「非協力的」とか「説得」といったワードが出てきます。私と同様、マイホーム購入に否定的な方も多いと思います。日々の仕事が忙しい旦那様にとって、家に帰ってからもマイホームのことを考えるのは、精神的にしんどいのです。

また、転勤するなら「家族みんなで異動した方がハッピーなのではないか?」という不安と常に戦うことになります。人生において、転勤族のうちはマイホームは持たないと決めている方も多いと思いますが、私はこのたびマイホームを購入する決心を致しました。

旦那がマイホーム購入に非協力的な奥様、転勤族だからマイホーム購入を諦めたそこの旦那様。ここからは私がマイホーム購入を決断した理由を書いていこうと思います。少しでも、皆様の悩みが解消されれば幸いです。

優柔不断な私がマイホーム購入に本気になった理由

では、私がマイホーム購入を決断した理由をまとめていこうと思います。

①子供達の転校リスク

皆さんは、転校を経験したことはありますか?

私豆腐は、小学生時代に転校をした経験があります。転校するまでは元気いっぱいの悪ガキだった自負があります。しかし、転校直後にキャラは激変し、なぞの優等生キャラとなりました。転校後はとにかく学校に行くのが嫌で、週休3日くらいのペースでずる休みをしていました。

我が家には、0歳と4歳の息子がおりますが、上の子は既に幼稚園に行くのをぐずる豆腐メンタルっぷりで、転校させるのも若干不安な状況。

自分の幼少期、そして現在の息子の様子を見ると、転校させるリスクは無視できませんでした。

②豆腐の疾病リスク

我が家は現在、0歳児の面倒を妻に任せっきりで、専業主婦状態です。子供達が大きくなってから、復職してもらいたいと思っていますが、もし、いま私が病気で命を落とした場合、我が家はどうなってしまうでしょうか?

現在私が勤務している会社は住宅補助が手厚いですが、私が何らかの要因で命を落とした場合、妻も子も路頭に迷います。しかし、マイホームさえあれば、住むところは確保されるため、万が一のためにマイホームがあった方がいいと考えました。

また、フラット35などの住宅ローンには、ガンが発見された時点でローン支払いが免除される保険を付与することもできるため、まさかの事態に備えることも可能です。

③アパートではできないこと

こちらはおまけ要素ですが、現在は賃貸住まいですが、今の家でできないことが沢山あります。

•ペットを飼う

•アクアリウムの水槽を大きくする

•家庭菜園

•下の階やとなりへの騒音を気にしない

 

これらの問題は、それに応じた物件を探せば解決ですが、その分家賃も高くなります。この際だから、マイホームを買って趣味を充実させたいです!

 

④愛する妻が家を欲しがっている

結局のところ、この理由が全てではないでしょうか?収入がなければ諦めるところですが、幸いなことにお給料は何とかいただいているため、定年まで頑張って働けば、なんとか支払いも完了するはず。

一度きりの人生。妻のお願いを叶えるために頑張って働く夫。そういう人に私はなりたいと思っております。

 

以上、記念すべき第1回目の「転勤族でもマイホーム」は、マイホーム購入を決断した理由をご紹介しました。

転勤族で、マイホームを買うべきかお悩みの方の、ご参考になれば幸いです。以上豆腐がお送りいたしました!

※同カテゴリー(転勤族でもマイホーム)内の関連記事

◎次の記事