豆腐メンタル父ちゃんイクメンへの道

豆腐メンタル(ヘタレ)な父がお送りする、育児奮闘記!

古いMac Book Proが復活!SSD交換で速度を改善する方法

f:id:tofumentalpapa:20190518204410p:plain



どーも、豆腐メンタルです。

当ブログを開設して半年がたちましたが、

楽しみながらブログを続けております。

しかし、困った問題が発生しております。

 

 

 

Mac Book Proの寿命

私は、愛用のMac Book Proでブログを更新しておりますが、最近macの動作が遅い・・・どうやら寿命が来たらしい。

 

調べてみると、使用頻度によりますが、macの寿命は4年程度といわれているようです。ちなみに私のMacは2011年に購入いたしました。なんと、購入から8年が経過しております。さすがに8年物は古すぎるということで、母ちゃんに相談してみました。

 

母ちゃん「え〜〜〜〜。買い換えたいけどお金がね・・・

豆腐「・・・・・」

 

我が家は子育て世代。買い換えたいけどなかなか買い換えられないですよね・・・どうしようか、途方に暮れていたとき、救世主が突然現れました。

Mac Book Proの速度を改善する方法

その日も、超鈍足のMac君でブログを書きながら、ツイッターで愚痴をつぶやいておりました。すると、こんなツイートが・・・

「豆腐さんのMacなら、SSD化したら復活するかも・・・」

機械音痴の豆腐は、ちんぷんかんぷんでしたので、調べてみることに!

 

まず私のMac Book Proの型式は、Mac Book Pro(13-inch, Early 2011)。これをSSD化するとはどういうことかと言いますと、データ保存のために内蔵されているハードディスクドライブ(HDD)をソリッドステートドライブ(SSD)に変更するという案です。

 

ちんぷんかんぷんという方、私もちんぷんかんぷんでしたが、今では快適にブログを更新できるほど、Macの動作が回復しました。

 

 

そこで、今日はMac Book ProのSSD化の手順をまとめます。

Mac Book ProのSSD化手順

さて、では張り切って行ってみましょう。初心者向けに、しっかり写真を撮っておりますので、ご安心ください。

 

①事前準備

まず必要な物を購入します。下記をご準備ください。私が購入したのはこちらですので、ご参考になればと思います。

・SSD

私は250GBを購入して、少しだけ失敗しました。もともと入っていたHDDが320GBだったのですが、バックアップに取っていたデータ量が多すぎて、250GBでは足りませんでした。データ容量は、自分のMac or PCと相談してください。

 

・ドライバー①(裏蓋外し用)

・ドライバー②(HDD取り外し用)

以上、全部で6,776円(500GBなら8,830円)でした。新しくPCを購入するよりも格安です。

 

②データのバックアップをとる

SSDに変更した後、データを復旧する必要があるため、バックアップをとりましょう。わたしはMacの標準機能の、Time Machineでバックアップを取りました。

 

③HDDをSSDに交換

まず、Macの裏蓋を取り外します。

f:id:tofumentalpapa:20190517151407j:image

次に、HDDを取り外します。外し方ですが、

①HDD上部のネジを外して、留め具を外す

②HDDからコネクターを引っこ抜く

だけでオッケーです!

f:id:tofumentalpapa:20190518203314p:plain

無事外すことができました。

f:id:tofumentalpapa:20190517151502j:image

 

続いて、購入したSSDを接続しましょう。
あとは、留め具をつけなおし、ふたを閉じて復旧します。

 

④データを復元

復旧したら、Macを起動し、データを復旧しましょう!起動すると、まず写真のような画面になります。この画面が、数時間続き焦りましたが、特に問題ないのでそのままにしましょう。


f:id:tofumentalpapa:20190517151655j:image

 

上記の画面が終了したら、下記の手順で復旧します。

①「ディスクユーティリティ」を選択

② 新しく設置したSSDを選択

③ 「消去」を選択

f:id:tofumentalpapa:20190518204436p:plain

④ 完了したらはじめの画面に戻り「Time Machine バックアップから復元」を選択

⑤ 「続ける」を選択

⑥ バックアップディスクを選択し、「続ける」を選択

⑦ インストールするディスクを選択し、「復元」を選択

以上が、復元の手順となります。

 

SSD交換後のMacの調子は?

SSD化する前は、スイッチOnして使えるようになるまで、2〜3分はかかっておりました。しかし、起動後すぐに使用可能になりました。

 

これまで、ブログを書くのにストレスを感じていましたが、全く気にならなくなりました^_^

 

流石に次不調になったら、買い替えどきかと思いますが、あと数年は使えそうで安心しました。また、もし息子たちが数年後PCが欲しいと言い出したら、SSDを交換してプレゼントしてあげようかと思います。

 

以上、今日はお古のMacを復活させる方法をお届けしました!買い替えたいけどお金がない方、ご参考になれば幸いです。

 

以上、豆腐がお送りしました!

 

※同カテゴリー(育児に関するショッピング)内のリンク集

◎前の記事

 ◎次の記事