豆腐メンタル父ちゃんイクメンへの道

豆腐メンタル(ヘタレ)な父の育児奮闘記!

体調不良が理由ならキャンセル料はかからない!?夏休みに飛行機をキャンセルする時の注意点

どーも、豆腐メンタルです!

今日からGW!!我が家は実家に帰省の予定でしたが、なんと長男が発熱して断念。なくなく、飛行機をキャンセルすることとなりました(*´꒳`*)

f:id:tofumentalpapa:20190427175234p:image

 

体調不良が理由なら飛行機キャンセル料は無料!?

最近、ツイッターを始めたわたくしは、先月こんなブログを発見しておりました!


この記事を見たときは、さすが大企業さんは違うなと、感動するだけでしたが、まさか自分でキャンセルする羽目になるとは・・・

 

そこで、実際にキャンセルする場合、何が必要なのかをまとめました!要点を押さえないと二度手間になりますので、ご注意ください!

 

今回のキャンセルの状況

わたくしの実家はものすごく田舎のため、国内なのに飛行機は乗り継ぎです。しかも、自宅→羽田(ANA)と羽田→実家(JAL)という変則的な予約をしていたため、ANAとJALの両方にキャンセルの電話を入れることになりました

 

しかし、どちらもさすが大企業さん!どちらの会社も、全額返金いただけることとなりました!

 

キャンセルの手順

まずは、お問い合わせ窓口に電話します。電話の際、下記を準備しましょう。

 

・予約したクレジットカード番号

・クレジットカート所有者の誕生日

・飛行機の予約番号

・予約した飛行機便名

 

これらの情報は、電話で確認されます。そして、電話の担当の方に、家族が体調不良となり、キャンセルする必要があることを伝えましょう。すると、「診断書を提出することは可能ですか?」と聞かれます。診断書は、電話で1ヶ月以内に提出すればいいそうなので、キャンセル後にゆっくり準備できます。あとは、通常通り、電話でキャンセルの手続きをして終了でした。

 

診断書をもらう時の注意点

診断書には、「搭乗日に飛行機に乗ることができない旨を明記する」必要があるそうです。診断書をもらうときは、必ず明記してもらうようにお願いしましょう。また、診断書については保険適用外で、3000円程度の費用がかかるとのこと。キャンセル費とどちらが大きいか、確認しておきましょう!

 

診断書の提出方法

診断書はFAXもしくはメールで送付すればいいとのこと。今回はメールで提出することとしました。 診断書を写真に撮り、各社のHPのお問い合わせページから、メールで送付すればOKとのことでした!メールの送信方法も、電話で丁寧に教えていただけます。便利な世の中になりました。

 

以上の手順をふめば、通常発生するんキャンセル料がゼロになるとのことです!ANAさん、JALさんありがとう!

 

昨今、格安な航空会社が注目されていますが、子供がいるとキャンセルの可能性もあるので、キャンセル可能な会社さんで予約しておけば安心ですね!

 

GWは始まったばかりですが、本記事が体調不良でキャンセルしなければならない親御さんのお役に立てれば幸いです。

 

以上、豆腐がお送りしました!

 

同カテゴリー(育児に関するショッピング)内のリンク

◎前の記事

◎次の記事