豆腐メンタル父ちゃん 育児 & 育海水魚ブログ

豆腐メンタル(ヘタレ)な父の育児&アクアリウム奮闘記!

【あつもりじゃないの!?】息子が大はまりのゲーム「おおきな森のどうぶつしょうぎ」

どーも、豆腐メンタルです。

今日は、我が家の5歳の息子が大はまりのゲームを紹介いたします。

ステイホーム中に息子がはまったゲーム

ある日曜日。息子がやってきて、

息子「お父さん、ゲームしよっ!」

豆腐「何するの?」

息子「もりのどうぶつしょうぎ!」

豆腐「????」

 

最近ちまたではやっている、「あつまれどうぶつの森」のことかと思いましたが、我が家にはNintendo Switchなんてありません。あるのはPlay Station2くらい。

というわけで、息子にそのゲームを持ってきてもらいました。

息子が大好き「おおきな森のどうぶつしょうぎ」

出てきたのは、これでした。


f:id:tofumentalpapa:20200531231843j:image

おおきな森のどうぶつしょうぎです。

ゲーム自体は普通の将棋なのですが、世界観が動物をコンセプトとしています。

駒が動物で、動かし方は駒に書いてあるので、こどもでも覚えやすいようです。

普通の将棋以外にも、子供にも理解しやすいプチゲームが満載です。

らいおんおにごっこ

まずはまったのは、ライオンが逃げるゲーム。駒の動きは普通の将棋ですが、ライオン(王将)が草むらまで逃げ切れるかを競うゲームです。


f:id:tofumentalpapa:20200531231906j:image

基本位置は写真の通りですが、ライオン(王将)の敵はキリン(飛車)とゾウ(角行)です。賢い方はすぐわかると思いますが、普通にやったら100%勝てません。さすがの息子でも、ライオンを簡単に捕獲します。

しかし、このゲーム奥が深い!2回戦は負けた方が駒を増やすことができます。


f:id:tofumentalpapa:20200531231920j:image

こうなると、息子(5歳)はひよこ(歩兵)が気になり始めます。ひよこをおとりにして、ライオンは逃げ切れたりします。

息子とゲームをすると、基本接待ゲームになる我が家ですが、このゲームでは大人も本気でぶつかることができます。戦略性もあって、大人も楽しむことができます。

しかし、調子に乗るとこうなります。


f:id:tofumentalpapa:20200606005915j:image

負けた方が駒を増やせるので、息子が負けた後はこうなります・・・

動物すごろく

このゲームは、犬の駒を振って、ふった出目によって、将棋盤の外側を進んでいき、先にゴールした方が勝ちです。

・全部表:一周

・全部裏:二周

・駒が立つ(柄が正立・逆立ち):10マス

・駒が立つ(横向き):5マス

・駒が場外へ:一回休み

 シンプルな双六になりますが、結構奥がふかい。息子は全部表がでると大興奮です。


f:id:tofumentalpapa:20200606010007j:image

私が勝ってしまうとぶち切れするので、良い勝負になるように接待もできます。困ったら、場外で一回休みを狙うこともできます!(接待双六万歳・・・)

もう少し、息子が賢くなったら、本物の将棋も試してみたいです。

そのときまで、将棋の腕を磨いてお琴思います。

 

というわけで、今日は息子がはまっているどうぶつしょうぎをお届けしました。ご興味或方は、おうち遊びのお供にいかがでしょうか?

以上、豆腐がお送りしました。

 

by カエレバ

※同カテゴリー(育児に役立つショッピング)内の関連記事

○前の記事

○次の記事

coming soon・・・