豆腐メンタル父ちゃん 育児 & 育海水魚ブログ

豆腐メンタル(ヘタレ)な父の育児&アクアリウム奮闘記!

ベントス食性ハゼのために水槽の一部にパウダー砂を導入する方法

どーも、豆腐です。

ベントス食性ハゼを飼育中のあなた!底砂はパウダーですか?今日は安全にパウダー砂を導入する方法をまとめます!

海水水槽の底砂について

海水水槽を運営する場合、底砂といえばサンゴ砂。pHをアルカリ性に維持する影の立役者です。

サンゴ砂には様々な大きさがあり、粗め、中目、細目、パウダーと市販されていますが、パウダータイプは一長一短あり、底砂に使うのは細目が一般的です。

パウダータイプを底砂に使用する場合のメリット

それでは、ここからはパウダータイプのメリット、デメリットをご紹介していきます。

①海の底で生活する生体にやさしい

砂にもぐったり、底砂に住む微生物を食べる生体にとっては、パウダーがお勧めです。理由は、①体が傷つきにくく、②ミズタマハゼのように砂と一緒に微生物を食べるベントス食性の生体は食事がしやすいです。f:id:tofumentalpapa:20200921235622j:image

②見た目が美しい

アクアリストは誰しも水槽内に真っ白な砂浜を再現したいと思うはず。そんな時、パウダーの底砂を選択したくなるものです。

しかし、これだけメリットがある中で、なかなかパウダーを選択できないのには、理由があります・・・

パウダータイプを底砂に使用する場合のデメリット

①砂が汚れやすい

えさの残りや魚のふんが砂の中にたまりやすく、一度たまってしまうとなかなか入れ替わりません。

②砂が舞い上がりやすい

砂の粒が小さく舞い上がりやすいです。サンゴに降り積もると、サンゴの開きも悪くなりますし、砂の中に潜む白点虫も水槽内に舞い上がりやすくなります。

③嫌気層ができて硫化水素が発生しやすい

最も重要なデメリットがこれです。砂の内部に酸素がいきわたらず、嫌気層ができる可能性があります。嫌気層ができると、嫌気性細菌により硝酸塩を分解できる可能性もありますが、砂の内部に硫化水素が発生し、生体が全滅してしまうリスクがあります。

底物生体のためにパウダー砂を安全に導入したい

我が家の水槽はこれまで、細めのサンゴ砂を使用していましたが、さいきんミズタマハゼさんを導入しました。細目の砂とはいえ、少しミズタマさんのお口には大きすぎる印象です。

ミズタマハゼ「底砂をパウダーにしてほしいなぁ・・・」

デバスズメ「硫化水素は嫌!絶対反対!」

f:id:tofumentalpapa:20200922152226j:image

我が家の水槽内で、闘争が発生しました。

最近、現実世界でも本社と工場との板挟みにあい、両者の折衷案を模索する日々。ストレスで10円はげができ始めましたが、水槽内でも同じ状況・・・

しかし、わたくし豆腐は策を講じ、60cm水槽内にパウダーと細目を共存させ、安全にパウダー砂を使用する方法を開発いたしました。

水槽の一部にパウダー砂を導入する方法

わたくし豆腐は考えました。硫化水素の発生さえ抑制できればいいので、器にパウダー砂を導入して、部分的にパウダー砂に変更する方法をとりました。というわけでプロトタイプを作成した結果がこれである・・・f:id:tofumentalpapa:20200921235804j:image

センスなさすぎ・・・

器に入っているので、水槽外に出して砂を丸洗いできるため、硫化水素が発生しても除去可能ですが、せっかくきれいな水景が台無し。

何かいい方法はないかと、再度100均へGO!小一時間うろうろした結果、こちらを発見しました!

f:id:tofumentalpapa:20200921235842j:image

冷蔵庫用のトレイです。

このトレイなら、水槽内にひっそり設置が可能です。

私の水槽ではこのようになりました!f:id:tofumentalpapa:20200921235853j:image

手前が細目のサンゴ砂。奥がパウダー砂です。

トレイの縁は、砂で隠してしまえばいいので、簡単にパウダー砂を導入可能。ピンチの時は、パウダー砂をトレイごと外に取り出せます。

ミズタマハゼとパウダー砂の相性

ひとまず水槽内にパウダー砂を導入することができましたが、我が家のミズタマハゼさんは気に入ってくれたのでしょうか?水槽内を見てみると・・・

f:id:tofumentalpapa:20200922000744j:image

巣穴に戻るミズタマハゼさん

パウダー砂上に設置したライブロックの下に、巣を作ってくれました!トレイの厚さは1.5cmほどしかありませんが、ミズタマハゼはらくらく隠れてくれます。

トレイはプラスチックなので体を傷つけることはない。その上、トレイの縁がライブロックを支えるため、生き埋めになるリスクも回避できている模様!

底砂のハムハムも存分に楽しんでくれています!パウダー砂を水槽の一部に導入するなんていう、意味不明なことをしている方はいらっしゃいませんでしたが、試行錯誤してみてよかったです。

わが子たちのストレスが軽減できて大満足な豆腐がお送りいたしました!

※同カテゴリー内(父と息子の海水アクアリウム)の関連記事

〇前の記事

〇次の記事